キャビンアテンダントとして就職するために必要なスキルと条件を知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
キャビンアテンダントとして就職するために必要なスキルと条件を知っておこう

狭き門と言われることが多いキャビンアテンダントへの就職。キャビンアテンダントを目指している人にとって、キャビンアテンダントとして就職するためにはどのようなスキルが必要なのか、どのような条件をクリアしなければならないのか、就職活動のポイントはどのような点なのか、気になりますよね。

そこで今回は、キャビンアテンダントとして就職するために必要なスキルと条件についてまとめましたので是非参考にしてみてください。

キャビンアテンダントとして就職するために必要なスキルや条件は?

キャビンアテンダントとして就職するために必要なスキルと条件を知っておこう

キャビンアテンダントとして就職するためには、各航空会社の就職試験を突破しなければなりません。各航空会社が求めている人材、スキル、条件等は、募集要項にきちんと書かれています。各航空会社がどのような応募資格を定めているのかしっかりとチェックしておく必要があります。

英語力

キャビンアテンダントとして就職するために必要な英語力は、日系航空会社の場合でTOEIC600点程度以上を基本としています。外資系航空会社ではTOEIC700点以上または英語が堪能であることを条件としています。中には、TOEICの点数だけでなく、様々なシーンで英語を使ってコミュニケーションが取れる「英語運用力」に重点を置いている航空会社もあります。

英語が苦手という人は、早いうちから英語力を磨く努力を行い、レベルアップに努めましょう。また、留学経験があり英語力には自信があるという人も、実はくだけすぎた英語を使用しているということも多いです。シーンや相手に応じた英語を運用できるようにしておきましょう。

【こちらも参考にご覧ください】

マナー

キャビンアテンダントとして就職するために必要なスキルのひとつとして、マナーがあります。マナーとは、「思いやりの気持ちを持って他者を気遣うこと」です。その中には、「言葉遣い」、「身だしなみ」、「立ち居振る舞い」も含まれます。これらのマナーは、どれも人と接する上で必要なものです。短期間で身につくものではないため、日頃から気をつけて習得していく必要があります。

また、正しいと思っていたマナーが実は間違っていたという自己流マナーの人も多いため、改めて自分のマナーを見直すということも必要です。

知識(仕事への理解)

キャビンアテンダントの仕事は思っているよりも大変です。勤務は不規則で長時間に及ぶこともあり体力が必要です。機内という特殊な環境では、サービスだけでなく緊急時に冷静な判断を行える決断力や行動力も備えている必要があります。想像していた仕事と違うということにならないように、キャビンアテンダントの仕事の役割とは何かということをしっかりと考え、必要な知識を身につけていく必要があります。

容姿

キャビンアテンダントとして就職するためには容姿端麗でなければならないのでしょうか?そんなことはありません。しかし、実際キャビンアテンダントには容姿端麗な人が多いのでは?と思う人も多いと思いますが、実はそれはキャビンアテンダントの第一印象からくるものなのです。

笑顔、話しかけやすい雰囲気、親しみやすさ、生き生きとした表情などです。また、その中には立ち居振る舞いや身だしなみといったマナーも含まれます。第一印象は深く記憶に残り、それを変えることは容易ではありません。日常生活で素敵だなと思う人がいたらその人を観察してみましょう。学べるポイントがあるはずです。

キャビンアテンダントとして就職するために

キャビンアテンダントとして就職するために必要なスキルと条件を知っておこう

狭き門と言われるキャビンアテンダントの就職試験は、一般の会社の就職試験に比べて難しいイメージを持っている人も多いかもしれませんが、基本的にはそれほど大きな違いはありません。しかし、中には少し異なる点もあります。一般企業の就職活動との違う点やキャビンアテンダントの就職試験の流れはどうなっているのでしょうか。

一般企業の就職とは異なる点

キャビンアテンダントの募集は一般企業のように毎年必ず行われるわけではありません。航空会社によっては1年に何度も募集が出る場合もありますし、数年に1度しか募集がない航空会社もあります。日系航空会社の募集には新卒枠と既卒枠が設けられていますが、外資系航空会社の募集ではその区別はありません。募集が出てから焦らなくてもよいように常に万全の準備を行っておく必要があります。

キャビンアテンダントの就職試験の流れ

書類選考

エントリーシート(ES)の提出による選考です。 志望動機や自己PRのほか、外国語のスキルや留学経験の有無といった欄もあります。また、一般企業とは違い全身の写真を添付する必要があります。最近ではオンラインでエントリーシート(ES)を提出する航空会社が増えており、その際同時に英語力の試験をオンラインで行うことも増えています。

一次面接と筆記試験

グループ面接またはグループディスカッションが行われます。キャビンアテンダントは常にチームで仕事をすることから、チームワークを重要視している傾向があります。英語の試験や一般教養の筆記試験を同時に行う航空会社も多いです。

二次面接

個人面接またはグループ面接が行われます。提出したエントリーシート(ES)に沿ってさらに掘り下げた内容の質問を受けます。英語の面接を行う場合もあります。

最終面接と身体測定

複数人の面接官による個人面接が行われます。また、保安上必要な体力測定と身体検査を行います。身長や体重のほか、視力、聴力、インピーダンス、腰椎検査、平衡感覚といった検査が行われます。これらは、キャビンアテンダントの業務に直結する大切な項目で、キャビンアテンダントとして働く上で問題がないかということを確認します。

キャビンアテンダントの就職試験の倍率

キャビンアテンダントの就職試験を受けるにあたって合格倍率はどのくらいなのか気になりますよね。「100倍」や「150倍」という話を耳にします。中には「400倍」に達したこともあったとか。

いくつか例をあげて見てみましょう。

エミレーツ航空

  • 採用人数5500人
  • 応募人数20万人
  • 倍率36倍

ANA(新卒)

  • 採用人数 700人
  • 応募人数 1万人
  • 倍率14倍

シンガポール航空

  • 採用人数15名
  • 応募人数1500人
  • 倍率100倍

JAL(既卒)

  • 採用人数50名
  • 応募人数5000人
  • 倍率100倍

数字だけを見てしまうと超難関で自分にはチャンスはやってこないのではないかと、不安になってしまうかもしれません。しかし、倍率が何倍であろうと合格をつかみ取れる実力をつけていかなくてはなりません。数字に惑わされることなく自分の手で合格を掴み取るのだという気持ちを忘れずに、受験準備を行いましょう。

【こちらも参考にご覧ください】

キャビンアテンダントとして就職するために必要なスキルと条件を知っておこう

キャビンアテンダントの就職率が高い学校は?

キャビンアテンダントになるために有利な学校はあるのでしょうか。大学に進むのか専門学校に進むのか、進路について迷っている人もいるかもしれません。

結論から言うと、就職率が高い学校や就職に有利な学校というのはありません。中には特にキャビンアテンダントに特化したコースを設けている大学もありますが、実際にキャビンアテンダントとして働いている人の出身校は皆バラバラで、学部や専攻もそれぞれ異なっています。出身校よりも、在学中どのようなことを学び、どのようなことに力を注いできたかということが重要視されています。

学生時代はどのようなことを学ぶべきなのか

キャビンアテンダントになるために学生時代はどのようなことを学ぶべきなのでしょうか。キャビンアテンダントの業務に必要なことは初期訓練でしっかりと習得することができます。学生時代には、学生時代にしかできないことに力を注ぎましょう。授業以外のサークル活動やアルバイトでもいいですし、 短期間で身につけるのは難しい立ち居振る舞いや英語力、コミュニケーション能力の向上を目指すのも良いでしょう。

キャビンアテンダントの就職試験では、学生時代に熱中したことや力を注いだこと、そして何を身につけ何を学んだかということをよく問われます。そのような時に、しっかり伝えられるエピソードがあることは強みになります。

専門学校と大学の違い

専門学校では、キャビンアテンダントに特化したコースやカリキュラム構成がされているため、専門知識やスキルを実践的な学習から学ぶことができます。またキャビンアテンダントになるための受験指導や最新の情報をいち早く手に入れることができるというメリットもあります。しかし、専門学校で学ぶ期間は通常2年間と短く、アルバイトや習い事などほかに興味のあることに力を注ぐ時間が少なくなります。

また、航空会社の中には、四年制大学卒以上を募集要項に掲げていることも少なくありません。専門学校卒であることで受験できる航空会社が限られてしまうというデメリットもあります。

大学では語学、国際教養、観光、コミュニケーション、サービスなど、様々な学部や専攻を選ぶことができ、多様な知識とスキルを習得することができます。また、留学制度を設けている大学も多いため、長期休暇を利用して留学することもできますし、サークル活動やアルバイトなど、興味のあることに取り組む時間もたくさんあります。将来キャビンアテンダントの経験を生かしてほかの職種に就きたいといった時にも、四年制大学を出ているという学歴はメリットになるでしょう。

キャビンアテンダントとして就職するために必要なスキルと条件を知っておこう

これからキャビンアテンダントを目指して就職活動する方へ

キャビンアテンダントを目指して就職活動をはじめようとしている人も、就職活動に不安を抱えている人も、キャビンアテンダントになりたいなと漠然と思っているだけでなく、勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

キャビンアテンダントになるために必要なスキルや条件を参考にしながら、しっかりと企業研究と自己分析を行い、それぞれの持つ自分らしさや魅力をますます伸ばして、足りない要素を補い、身につけていく努力をしましょう。

また、いつ募集があっても対応できるように日頃から準備を行っておく必要があります。あとになって、「もっとこうしておけばよかった」と後悔しなくて済むように、今出来ることに精一杯力を注いで、一歩一歩前を向いて頑張っていきましょう。

【こちらも参考にご覧ください】

客室乗務員を目指している方へ

東京・福岡のエアラインスクール「CAコンシェルジュ」より

客室乗務員を目指している方の「夢」を1人でも多く叶えるために、少人数制・密着指導のエアラインスクールが内定まで二人三脚でサポートいたします♪CAの夢を叶えた先輩たちのインタビューやメッセージ、皆様へのアドバイスを掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

内定率100%客室乗務員に一番近い学校 - CAコンシェルジュ 内定実績を詳しく見る

この記事を書いたCA(客室乗務員)は・・・

ca6桜子さん

海外の大学へ留学後、旅行やビジネスコミュニケーションの仕事を経験し、日系航空会社の客室乗務員へ。アジア・中東・欧州での生活経験あり。

詳しいプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る