客室乗務員(CA)は、ステイ先では何をしているの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
客室乗務員(CA)は、仕事のステイ先では何をしているの?

客室乗務員という仕事をしているとよく聞かれるのが「ステイ先では何をしているの?」「どうやって過ごしているの?」という質問です。

乗務を終えた後もクルーと一緒に過ごしているのか、それとも一人で自由に過ごしているのか気になる人が多いようです。CA経験者に体験談をお聞きしました。

A.ステイ先では誰にも邪魔されずゆっくりのんびりと自分の時間を持つことができます(笑)

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ca6桜子さん

海外の大学へ留学後、旅行やビジネスコミュニケーションの仕事を経験し、日系航空会社の客室乗務員へ。アジア・中東・欧州での生活経験あり。

詳しいプロフィールはこちら

客室乗務員の仕事は、お客様を安全に目的地へお連れすることにあり、乗務が終わったステイ先ではそれぞれが自由に過ごすことができます。国際線の乗務パターンは、近距離路線で1泊3日、長距離路線では2泊4日というパターンが多く、特に長距離路線ではステイ先での時間が長くなります。ステイ先でどのくらい自由な時間があるかによっても過ごし方は変わってきますが、まずは体調管理が第一で、帰りの便に支障が出ないようコンディションを考慮して行動しなければなりません。

フライトの後、少しでも体を動かそうと始めたのが散歩でした。大通りから一本入った小さな路地で素敵なお店を見つけたり、隠れ家的なレストランを見つけたりするのが楽しくて、よくひとりで散策に出かけていました。また、趣味というほどでもないですが、美術館や図書館巡りが好きでよく出かけました。特にヨーロッパでは数え切れないほどの美術館が街のいたるところにあったり、おしゃれな図書館も多いので、次はどこに行こうかと考えるのはとても楽しかったです。街の中心部と空港が離れている都市の場合は空港近くにステイをすることが多いため、 移動の距離と時間を考えて読みかけの本を持って行き読書をすることが多かったです。

家では色々なことに気を取られてしまい、ひとつのことに集中できないことも多いですが、ステイ先では誰にも邪魔されずゆっくりのんびりと自分の時間を持つことができます。その国の文化や食事、人々とのふれあいから学ぶことも多く貴重な時間でした。

A.観光やショッピングをして美味しい物を食べに行ったり。これこそCAならではの特権!

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ca4涼子さん

国内系大手航空会社の国際線客室乗務員として10年以上勤務し、世界中をフライトで飛び回る。世界の大都市・グルメ・音楽・カルチャーに関心を持ち、結婚に伴いヨーロッパでの海外生活を始める。翻訳・通訳歴も数年あり、英語・ドイツ語はビジネスレベル。

詳しいプロフィールはこちら

海外の場合、だいたいステイ先では観光したり現地の美味しいものを食べに行ったりしています。仲の良いクルーと飛ぶ時はよくガイドブックを持ち寄って、機内の休憩中にチェックしながら観光ツアーの申し込みを何人でするかとか、どこのレストランに食べに行くとか計画を立てたりしてましたね。ニューヨークやパリ、ロンドンなどのフライトが入るとショッピングやミュージカル、美術館など楽しい事尽くしなので皆しっかり事前に計画を立てていました。

私はどちらかと言ったら一緒に行動するより1人で街を探検したい派だったので、いつも先輩や同期からのランチのお誘いをうまくかわしては誰も行かないような街の外れのアンティークマーケット、古着屋街、移民街など少しディープなスポットばかり行ってました。

今はもう人気エリアですが、昔で言えばマンハッタンの5th AvenueではなくBrooklynへ行ってみたり、ロンドンならOxford CircusやCovent GardenではなくShoreditchやCamden Townを探検したりするのが大好きでしたね。そのおかげであちこちにローカルの友達ができました。次にフライトが入った時にはよく一緒に飲みに行ったり地元民しか知らない美味しい物を食べに行ったりして、密かに自分だけのステイ先マップを作ったりしてこっそり満喫してましたね。

というのもクルーはとにかく口コミが早いので…。海外なのに美味しいと噂のレストランに行ってみると大抵他のクルーと鉢合わせしたり、他社の日本人クルーもいたりして何だかエアライン関係者の社員食堂化しているところもありました笑。

国内線のステイの場合は滞在時間が短いので大抵メインは地元の美味しい物を食べに行く事でしたね。金沢なら寿司、福岡ならもつ鍋、沖縄なら島料理!日本は地域や旬によって新鮮で美味しいものが多いので、これはこれで楽しんでました。ただ、あまりにもステイ時間が短い場合や毎日3便や4便飛ぶスケジュールの時は疲れ果ててしまい、結局コンビニで夕飯と缶ビールを買ってあとは狭いホテルで寝るだけ…なんてこともしょっちゅうでしたが。

A.CAのステイ先での過ごし方は人それぞれ!

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ユカさんユカさん

大学卒業後、客室乗務員として国内大手航空会社へ就職。人材サービス会社の事務職を経て、現在はフリーランスのライターとして活躍中。

詳しいプロフィールはこちら

仕事とはいえフライトが終わればオフなので、観光に出かけたりその土地の美味しいものを食べに出かけたりします。CAが観光地や地元の美味しいものに詳しいのはこれが理由ですね。行動力があり、流行に敏感なCAは新しいお店を開拓したり、タクシーの運転手さんやホテルのフロントでおすすめのお店を聞いたりしています。同じ便のクルーで出かけることも多く、仲の良い同僚がいると本当に楽しいです。

観光やグルメ以外にも、ショッピングは人気です。お酒好きのCAは、地元の有名な焼酎や日本酒をステイバッグいっぱいに詰め込んで帰っています。海外ステイでは日本未上陸のアイテムや日本で買うと高い輸入ブランドのアイテムも購入できます。やっぱり安いので慣れてしまうと国内では買う気になれません。初めて行くステイ先では何か記念になるものをお土産に買うCAもいます。またすぐ行くことになるのですが・・・。

海外ステイは時間が足りない!

海外でのステイは場所によってステイ先での時間が異なります。バンコクステイでは時間があまりないので、食事、ショッピング、マッサージなどから1つだけ選んで楽しんでいます。遊びではないので仕方ないですが、もう少しゆっくりしたかったと思うこともしばしば。まれに帰国便が乗務ではなく移動のみとなることがあります。そんなときは寝る間を惜しんで遊び倒すCAもいますが、基本的には欠員となった場合に乗務となることもあるのでほどほどにするのがいいと思います。

部屋にこもってしまってもOK

ステイ先によっては治安があまりよくなかったり、周りに空港以外何もない!なんて場所もありますので、事前に食料を買い込んで部屋で過ごす場合もあります。DVDプレイヤーを持ち込んだり資格、語学の勉強をしたりと有意義に過ごしています。慣れないうちは時差の関係やフライトの疲労が溜まり外に出かける余裕がないかもしれません。せっかくだからと外出したくなりますが、体調管理を優先し疲れているときはゆっくり休むことも大切です。またパリ!?と思うくらい、すぐにステイが付きますので安心してくださいね。

A.日本とは違うオフをその国で過ごせることはCAの仕事の魅力

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ca7彩夏さん

大学を卒業後、国内大手ホテルにて三年間勤務。その後、外資系の航空会社の客室乗務員を二社経験。機内での日英通訳として勤務した経験も持つ。

 

この質問は最も多く聞かれる質問の一つかもしれません。しかしこの質問に答えるのは少し難しいところがあります。行き先やステイ先のホテルのロケーションによります。また一緒に飛ぶメンバーが皆で出かけること好きかや、同期がいたりする場合でも異なってきます。機長を含む皆で食事に出ることもあれば、同期などとその土地で人気のアクティビティーを楽しむこともしばしば。

しかし、私たちCAにはレスト時間が決められています。航空法や国によってことなりますが、何時間飛んだら最低でも何時間休まなくてはいけないなどのルールがあるんです。その関係で、ステイ先によっては十分に楽しむ時間がないことも…。それにより、何より一番多いのは一人で過ごすことです。

一人の時はもっぱら買い物、ジム、映画にマッサージ、ネイル…そういった意味では一人を楽しめることはCAに必要な要件の一つかもしれません。映画やネイル、マッサージは日本の五分の一の値段で楽しめることもあります。このように一概には言えませんが、日本とは違うオフをその国で過ごせることはCAの仕事の魅力かもしれません。

客室乗務員を目指している方へ

東京・福岡のエアラインスクール「CAコンシェルジュ」より

客室乗務員を目指している方の「夢」を1人でも多く叶えるために、少人数制・密着指導のエアラインスクールが内定まで二人三脚でサポートいたします♪CAの夢を叶えた先輩たちのインタビューやメッセージ、皆様へのアドバイスを掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

内定率100%客室乗務員に一番近い学校 - CAコンシェルジュ 内定実績を詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る