外資系エアラインのCAと日系エアラインCAの違いを教えてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
外資系エアラインのCAと日系エアラインCAの違いを教えてください

外資系エアラインのCAと日系エアラインのCAに違いはありますか?

それぞれの特徴や働き方の違いを教えて下さい。

A.外資系と日系エアラインのCAでは、社風やCAに求められる役割も違う!

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ca6桜子さん

海外の大学へ留学後、旅行やビジネスコミュニケーションの仕事を経験し、日系航空会社の客室乗務員へ。アジア・中東・欧州での生活経験あり。

詳しいプロフィールはこちら

日系エアラインと外資系エアラインの違いと言っても、アジア系、中東系、ヨーロッパ系とその地域や国によって社風は違うため一概には言えませんが、個性が豊かで、様々な国籍の人が働く外資系エアラインでは、語学力や自己主張も必要です。

機内でのお客様の対応も、個々で解決する責任を与えられていることが多く、クレーム処理やお客様同士の揉めごとなどの対応も、日系エアラインのようにチーフに相談するなどして判断を仰ぐということは少ないように思います。一般教養から専門知識までしっかりと教育してくれる日系エアラインでは、会社のカラーや求める人物像に染まってくれる人を好みます。反対に、外資系エアラインでは社会人としての経験がある大人な人を好む傾向にあります。

外資系エアラインと日系エアラインでは、CAの役割にも違いがあります。日系エアラインの場合、お客様はほとんどを日本人が占め、その日本人をもてなす役割が日系エアラインCAにはあります。日系エアラインにも外国人CA枠があり、外国人の乗客が多い路線にはその国の CAが乗務します。

反対に、外資系エアラインを利用する日本人乗客のニーズに応えるために、通訳業務を兼ねて採用されるのが外資系エアラインの日本人CAです。そのため、ベースがある海外都市と日本を結ぶ日本路線を乗務することが多くなりがちです。その点、日系エアラインでは日本をベースに世界各国に飛ぶことができます。近年、中東系エアラインは、様々な国籍のCAを採用し、中東をベースに世界各国の路線を飛ぶことができることで人気を集めています。

日系エアラインと外資系エアラインの社風の違いは制服にもよく現れており、日系エアラインが紺色や黒、グレーを基調としたコンサバティブな色合いの制服が多いことに比べ、外資系ではその国の伝統衣装を基調に使用するなど、赤、黄色、緑などのカラフルな色合いを使用しています。そのカラフルな制服に負けないくらいの個性豊かなクルーが集まっていると言っても過言ではないでしょう。様々な国籍のクルーと働くことは、大変なこともありますが学ぶことも多いはずです。

日系エアラインの場合は慣れた生活環境で暮らすことができますが、外資系エアラインの場合は海外都市をベースにすることも多いです。様々な制約がある中、仕事をしながら海外で生活することは大変なこともあり、過酷な環境にも順応できる柔軟性や臨機応変さが必要です。

外資系エアラインと日系エアライン。どちらで働くにしても、客室乗務員の仕事は体力勝負です。自己管理をしっかりとして、どんな状況にも対応できる力が必要です。日系エアラインと外資系エアラインで迷う場合には、すべてを自分の糧になる経験として、どれだけ楽しんで仕事ができるか、自分に合っているのはどちらかを見極める必要があります。

A.外資系といっても欧米・アジア・中東とありますが、、、日系エアラインは基本的に縦社会・チームプレイ派でしょう。

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ca4涼子さん

国内系大手航空会社の国際線客室乗務員として10年以上勤務し、世界中をフライトで飛び回る。世界の大都市・グルメ・音楽・カルチャーに関心を持ち、結婚に伴いヨーロッパでの海外生活を始める。翻訳・通訳歴も数年あり、英語・ドイツ語はビジネスレベル。

詳しいプロフィールはこちら

私は日系エアラインのみで働いてきましたが、外資系エアラインCAの友人もいますし、外資系から転職してきた同僚もたくさんいました。私がそこで感じたのは日系エアラインではやはり縦社会であり集団行動が重視されるという事。外資系から転職してきた同期や後輩達からは、個人プレーだった仕事スタイルを切り替えるのに苦労したと聞きます。

仕事スタイルで言えば、外資は定められた自分のタスクが完了すれば業務完了。責任も自分で負いますしミスした時の言い訳はできませんが明確で白黒はっきりしています。日系であれば早く自分の業務を終えたら他のCAを手伝うのは当たり前という文化ですので個人のタスクを終えても、1人座って他の働いているCAを眺めているなんてことはありません。

そういった点では一人一人の業務の割り振りも明確ではないので、たまに誰が責任を取るのか不透明で、先輩の失敗が偶然その業務を手伝っていた自分に降りかかってしまう事もありました。日本企業ならどこでもそうだと思いますが、後輩という立場である限りストレスは溜まりやすいかもしれません。ただ、昔に比べて今は上下関係の壁もだいぶソフトになってきているようですが。ベテランの先輩達の昔の話を聞くと、当時は相当上下関係が厳しかったんだなと思います。

また外資といってもアメリカ、欧州、アジア、中東でかなりカラーは変わります。アジア系エアラインでは日系に違いところはたくさんありますし、逆にアメリカ系はかなり自由でいい意味で自己主張ができる人が多いのではないでしょうか。また外資系で自由な雰囲気であっても日本人CAコミュニティがしっかりしていて、上下関係が実は厳しいというエアラインもあります。

欧州大手エアラインの話ですが、そこで働くCAの友人から面白い話を聞いた事があります。外資だからといって面接で外国慣れしているのを全面に出す志望者が多いそうですが、実際求められているのは日本的な細やかな気配りやサービスができる人なのだそう。理由は日本人旅客のサービス要員として募集しているので、きめ細やかな日本人らしさを求めているという事のようです。採用担当者ももちろん日本人のベテランCAでかなり日系の採用に近いとか。

このように、一概に外資系といっても様々ですね。逆に見れば日本人CAが数十人~百人ちょっとくらいしかいない外資系の方が日本人CA同士の関係が密で日系エアラインより縦社会だったという事もあると思います。

A.自由な外資系、安定の日系

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ユカさんユカさん

大学卒業後、客室乗務員として国内大手航空会社へ就職。人材サービス会社の事務職を経て、現在はフリーランスのライターとして活躍中。

詳しいプロフィールはこちら

これは外資系企業と日系企業の違いと同じです。実際にそれぞれのエアラインに乗ったことがある人は感じたこともあると思いますが、外資系のエアラインは日系のエアラインに比べて自由にフレンドリーなサービスを行っている印象です。

訓練、キャリア育成、給与などはどうなのか比較していきましょう。

まず訓練中について、はっきり言って外資系の方が厳しいです。同じように訓練を受けていても、適性がないと判断された場合には即刻クビになってしまうこともあります。一方で日本企業ではこのようなことはありません。CAに関して言えば、よほどのことがない限り、一度入社したら補講や追試などでカバーし、ラインアウト(CAとしてデビュー)することができます。

ではキャリア育成についてはどうでしょうか。外資系は、入社年度による差はありません。1年目であっても、CA個人をきちんと認めてもらえるので、アナウンスをしたりドアサイドに立ってお客様を迎えたりできます。比べて日系では、経験やサービスのランクによって出来ることが明確に分かれています。先輩後輩の意識も強く、体育会系のように上下関係に厳しい会社もあります。

給与面では、やはり日系のほうが安定しています。外資系の多くは、不安定な給与のために副業を推奨しています。また契約終了後の更新がされず、退職後は他のエアラインへ転職する人がほとんどです。

A.自分に合ったエアライン(航空会社)で活躍するために、特徴や違いを知っておきましょう!

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ca5美咲さん

大使館での秘書業務を経験後、海外エアラインの客室乗務員に転職。結婚と夫の海外赴任に伴い、客室乗務員を退職し、現在はヨーロッパ在住。

 

CAを目指す際には、「このエアライン(航空会社)で働きたい!」という希望があると思いますが、日系エアラインと外資系エアラインの違いなども知っておいた方が良いと思いますので、それぞれの特徴を簡単にご紹介いたします。

日系エアラインの特徴

まず、日系エアラインは先輩後輩の上下関係がかなりきっちりしています。女性だけの体育会系といったところでしょうか。日系の良いところは日本人が求める最高のおもてなしを学べて提供できることではないでしょうか。

他の国の方と比べて、日本人のお客様はCAに対してとても高い基準をもっていらっしゃいます。言葉遣いから身のこなしまで先輩クルーにきっちり叩き込まれます。外資系と比べて一から教育してくれる環境があります。また、メイクも万人受けするような柔らかいメイクですね。

外資系エアラインの特徴

一方、外資系では世界各国からクルーが集まるので先輩後輩、といったきっちりとした概念は日系より薄いと思います。また言葉遣いに関しても外資系では日本語が話せればいい、といった印象を受けます。(もちろんエアラインによってはしっかり見るところもあります。)

私の友人は海外育ちだったせいか、敬語が全く話せず、「承知しました」という言葉がなかなか言えなかったのですがそれでも現在アジア系のエアラインで活躍しています。外資系は日系よりもTOEICなどの英語の点数をより重視しますし、面接ではいかにちゃんとした英語が話せているか、つまり入社後やっていけるかを面接で確認しています。

容姿に関しては、日系と比較すると比較的容姿はあまり重要視されていないと思います。日系だったら絶対いないだろうな…というがっしりした方もいらっしゃいます。それよりも真のある女性を求めているようです。

ですが、外資系の中でもアジア系はかなり容姿に重きを置いています。顔だけでなく、肌の白さや体重、見た目など、面接ではストッキングを脱いで部屋を一周歩いたりもします。面接官に入社してからお話しを伺ったところ、ちょっと見た目体重がオーバーしてたので落とした、という話も聞くくらいです。

ですが、どちらが絶対にいい、というものではないのでご自分に合ったエアラインで活躍できるといいですね。

客室乗務員を目指している方へ

東京・福岡のエアラインスクール「CAコンシェルジュ」より

客室乗務員を目指している方の「夢」を1人でも多く叶えるために、少人数制・密着指導のエアラインスクールが内定まで二人三脚でサポートいたします♪CAの夢を叶えた先輩たちのインタビューやメッセージ、皆様へのアドバイスを掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

内定率100%客室乗務員に一番近い学校 - CAコンシェルジュ 内定実績を詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る