香港国際空港での乗り継ぎ時間の過ごし方とCAおすすめショップをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
香港国際空港

キャセイパシフィック航空の本拠地として知られ、日本からの直行便がないアジア諸国や欧米、アフリカへの経由地として利用することが多い香港国際空港。

広大な敷地を有する香港国際空港は、市内でも人気のレストランやショッピングエリアが充実しています。 乗り継ぎ時間が4時間ほどあれば、入国審査を済ませ制限エリア外のターミナルで食事や買い物ができるほか、 6〜8時間ある場合には空港を離れて市内観光を楽しむことも可能です。

香港国際空港で必要な時間は…

香港国際空港は、アジアのハブ空港のひとつとして世界各国の航空会社が就航し、早朝から深夜まで数多くの便が離発着しています。空港も広く、使用するターミナルやゲートによっては連絡列車に乗車する必要があり、ゲートによっては15分以上歩く場合もあります。混雑する時間帯には出入国審査や税関には長い列ができ、 時には1時間ほどかかることもあります。また、乗り継ぎ予定の飛行機の出発時間の1時間半〜2時間前には空港に戻っていなければなりません。

乗り継ぎの間に香港に入国する場合には、入国審査や荷物の受け取りに約1時間、乗り継ぎ便の出発時刻の約1時間半前までに手荷物預け入れや出国審査を済ませると考えると、合計して約 2時間半は最低限必要な時間となります。

2〜3時間コース

香港国際空港での乗り継ぎ時間が2〜3時間の場合には制限エリア内に留まる場合が多いと思います。

香港国際空港の制限エリア内には、まるでショッピングモールのように、化粧品や衣類、バッグ、雑貨など数多くのお店が並んでいます。日本未入荷のブランドや多国籍のレストランも多く、24時間営業のフードコートもあり、2〜3時間の乗り継ぎ時間はあっという間に過ぎてしまいます。

おすすめは、フライトの疲れを癒すことができる本格的なフットマッサージ店 「仙足」。薬膳の香りが心地よい20分〜30分のコースがあり、ちょっとした待ち時間に体験でき、フライトでむくんだ足がスッキリしますよ。

4〜5時間コース

香港国際空港での乗り継ぎ時間が4〜5時間あれば、一旦入国審査を済ませて、制限エリア外の空港ターミナルで食事や買い物をすることができます。

香港国際空港はターミナル1とターミナル2の二つのターミナルがあり、ターミナル間は徒歩で移動することができます。香港で人気を評している多くのレストランが入っており、本格的な飲茶、香港で人気のスイーツなどを満喫することができます。

おすすめは、ターミナル1到着ロビーにある「翡翠拉麵小籠包」です。上海風の小籠包や担々麺を堪能することができ、香港国際空港内でも1、2を争う人気です。

同じくターミナル1の出発ロビーKカウンター近くに位置する「アニエス・ベー・カフェ」は、目移りしそうな美味しいスイーツとコーヒー・紅茶が楽しめるお店です。アニエス・ベーらしいシックなデザインのカップや小物も販売しているのでお土産にもぴったり。紅茶はフランスのマリアージュ・フレール社のものを使用しており、その香り高く上品な味わいに旅の疲れも吹き飛びます。

食事の後には、ターミナル2にある展望台「スカイデッキ」がおすすめです。緑が生い茂る香港の山々やきれいな海、次々と離発着する飛行機、香港国際空港の全景を眺めることができます。

6時間以上コース

香港国際空港での乗り継ぎ時間が6時間以上あれば、市内へ出て観光を楽しむことができます。

到着ロビーには旅行会社のカウンターがあり、乗り継ぎ専用の市内観光ツアーに参加することができます。香港の高層ビル群や多数の船舶が往来し世界三大美港に数えられるビクトリアハーバーなど、市内の観光名所だけでなく、パワースポットとして知られるランタオ島を訪れるツアーなどがあります。

個人で市内に行くにはエアポートエクスプレスがおすすめです。香港島の中心部である香港駅まで約25分、九龍半島の繁華街である尖沙咀へも近い九龍駅までは約20分で到着します。「ザ・香港」という景色を堪能できる尖沙咀ウォーターフロントを散策したり、いくつもあるショッピングモールでの買い物、ビクトリアハーバーのフェリー乗船、美味しい香港料理など、短い時間でも活気ある香港の街を楽しむことができます。

香港国際空港ターミナル内おすすめショップ

萬寧(Mannings)

一般的な薬品から漢方薬、のど飴やタブレットなどフライトにも便利な商品や、安くて可愛いコスメ、まとめ買いにぴったりなお菓子などが揃う人気のショップです。機内での乾燥防止にも使える京都念慈菴のハーバルキャンディ、客室乗務員御用達オーストラリア産のLUCAS’PAPAW OITMENT、中華料理でおなじみの燕の巣を使った美容パックなどはバラマキ土産にもおすすめです。

上海灘

チャイナドレスやシルクのスカーフをはじめとする伝統的ながらモダンなデザインのチャイニーズファッションを扱うショップです。お土産にもぴったりな小物も多く扱っており、その豊富なデザインが人気を集めています。

福茗茶(※閉店)

中国茶の専門店。おしゃれなデザインの茶具や豊富な種類の中国茶が並び、プレゼントにも最適なパッケージが人気です。試飲をすることもできるので、好みの一杯を見つけることができます。

※2017年7月更新 

奇華餅家(kee wah bakery)

1938年創業の老舗として知られる奇華餅家は、香港の伝統的なお菓子を多数取り揃えています。中でも一番人気を誇るのが、香港の名物ダブルデッカーバスをモチーフにした缶に入ったクッキーと見た目にもかわいいパンダクッキーです。ユニークなデザインの缶は再利用もできるのでお土産としても喜ばれます。

まとめ

いかがでしたか。初めて訪れる街での乗り継ぎは不安も多いかもしれません。時間までに戻れるか、個人で移動するには不安があるという人も多いでしょう。そんな時は、所要時間の決まった乗り継ぎ専用の観光ツアーに参加してみるのもいいのではないでしょうか。

香港は街自体が狭く、数時間あればいくつかの人気観光名所を訪れることができます。待ち時間をアクティブに過ごせば、次のフライトではぐっすり休めるかもしれません。

また、香港国際空港では、2017年2月より新しいコンコース「ミッドフィールド・コンコース」の使用が開始されました。ターミナル1・ターミナル2からはシャトル・トレインで約6分〜8分かかります。出国審査後、搭乗ゲートまでは15分〜20分程度かかることもありますので、移動時間を考慮して楽しい乗り継ぎ時間を過ごしてくださいね。

客室乗務員を目指している方へ

東京・福岡のエアラインスクール「CAコンシェルジュ」より

客室乗務員を目指している方の「夢」を1人でも多く叶えるために、少人数制・密着指導のエアラインスクールが内定まで二人三脚でサポートいたします♪CAの夢を叶えた先輩たちのインタビューやメッセージ、皆様へのアドバイスを掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

内定率100%客室乗務員に一番近い学校 - CAコンシェルジュ 内定実績を詳しく見る

この記事を書いたCA(客室乗務員)は・・・

ca6桜子さん

海外の大学へ留学後、旅行やビジネスコミュニケーションの仕事を経験し、日系航空会社の客室乗務員へ。アジア・中東・欧州での生活経験あり。

詳しいプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る