アジア・中東・欧州で暮らした元CA桜子さんのライフスタイルご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
tower bridge

海外の大学へ留学後、旅行やビジネスコミュニケーションの仕事を経験し、日系航空会社の客室乗務員になった桜子さんのライフスタイルを紹介します。

キャビンアテンダント生活

客室乗務員の仕事に就いていた頃は、月の半分は家を空けてあちこち飛び回る生活でした。不規則な生活で休日ともなれば、ただ眠りたいと思うくらい疲れがたまり、先のことを考えては不安になったこともありました。

そんな時出会ったのが、現在の夫です。彼は陽気なメキシコ人。パイロットである夫は自分の仕事が大好きで、「来週自分がどこにいるかわからないから楽しいんだよ!」と、世界中を飛び回りながら「現在(いま)」を楽しむ姿に惹かれました。

客室乗務員の仕事を辞めてからは、様々な国を転々としながらフライトを楽しむ夫に帯同して日本と海外を行ったり来たりしています。オフの日には、思い立ったらすぐスーツケースに荷物を詰めて出かけるなど、先の予定を立てず、すべてが急なので周りには呆れられることもありますが、とても充実した日々を送っています。

異文化に触れることで、何ごとも便利で物が溢れる日本との差を感じることもありますが、客室乗務員の仕事をしていた頃よりも現在のほうが、世界がうんと狭く、近くなったように感じています。

sky

CAを辞めてフリーランスに!

夫がフライトで家を空けている間の時間を利用して、1年ほど前からフリーランスとしてライティングの仕事を行っています。信頼できるクライアントとの出会いもあり、主に、好きな映画や、海外留学、客室乗務員としての仕事、海外生活の経験などをもとにしたライティングの仕事をいただくようになりました。

客室乗務員の仕事に就いていた時には、まさか自分がライティングの仕事に携わることになるとは思ってもいませんでしたので、人生何があるかわかりません。まだまだ知らないことや訪れたことがない場所、経験していないことが山ほどあり、はじめての場所やはじめてのことにはワクワクしながら取り組んでいます。

場所と時間にとらわれることがないフリーランスの仕事は自分に向いていると思います。そして、客室乗務員だった頃にはすれ違いが多かった夫の帰りをいつも家で迎えられることをとても幸せに思っています。

好きなこと・・・

映画鑑賞

ジャンルを問わず、新作から旧作まで、月に約15本見ます。移動が多い生活のため、多国籍の外国映画を見ることができる飛行機の中は、知らない映画を発掘するいい機会と思い、寝ずに見てしまいます。長時間のフライトでは、4〜5本の映画マラソンをすることも。

訪れた都市のマグネット集め

夫がフライトで訪れた都市のマグネットをお土産に買ってきてくれたことがはじまりで、訪れた都市のマグネットを集めるようになりました。マグネットは冷蔵庫に貼って飾っています。コレクションが増えるのが楽しくて、旅先では必ず買って帰ります。

料理

海外生活では、限られた食材やこれまで見たことや使ったことがない食材を使用して料理をしています。夫も私も野菜が大好きで、型にはまらないバラエティ豊かなサラダのレシピの創作を楽しんでいます。

メモ

客室乗務員はフライト中、お客様の様子をしっかり見て客室乗務員同士情報を共有する必要がありました。そのせいか今でもすぐメモを取ってしまいます。最近は、スマホやパソコンでメモができるにも関わらず、紙とペンが好きでよくメモっています(笑)。

美術館巡り

絵は下手で興味もなかった美術の世界。東京の三菱一号館美術館でマリー・アントワネットの宮廷画家として知られるルイーズ・ヴィジェ・ルブランの展覧会を見てから美術の虜に。

海外には無料で入場できる美術館も多く、美術館巡りを楽しんでいます。展覧会に行くと気に入った絵画のポストカードを二枚選びます。訪れた都市のマグネットとともに大切なコレクションのひとつです。

散歩

美味しいものを食べ歩くのが大好きな夫と二人で「食べたら歩く」をモットーに食べたカロリー分を消費するべく、よく散歩に出かけます。初めて訪れる場所でも公共交通機関を使わず歩くことで、その街の隅々まで見ることができるのでオススメです。

street

これからも視野を広げて

客室乗務員を辞めてから数年経ちますが、メモにはじまり、人間観察、ラバチェック、機内でOHS(手荷物棚)が開いたままだと気になって仕方ないなど、職業病はいまだにぬけず (笑)。

縁あって、元客室乗務員としてコラムなどのライティングに関わることができ、ありがたく思っています。

客室乗務員を目指す人たちのために少しでもお役に立てるよう、これからも視野を広く持ち、世界の見聞を広めたいと思います。

客室乗務員を目指している方へ

東京・福岡のエアラインスクール「CAコンシェルジュ」より

客室乗務員を目指している方の「夢」を1人でも多く叶えるために、少人数制・密着指導のエアラインスクールが内定まで二人三脚でサポートいたします♪CAの夢を叶えた先輩たちのインタビューやメッセージ、皆様へのアドバイスを掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

内定率100%客室乗務員に一番近い学校 - CAコンシェルジュ 内定実績を詳しく見る

こちらの記事を書いてくれたキャビンアテンダント

ca6桜子さん

海外の大学へ留学後、旅行やビジネスコミュニケーションの仕事を経験し、日系航空会社の客室乗務員へ。アジア・中東・欧州での生活経験あり。

詳しいプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る