エアライン受験のモチベーションを保つにはどうしたらいいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
エアライン受験のモチベーションを保つにはどうしたらいいですか?

客室乗務員・グランドスタッフなどの航空業界で働きたいと思い、現在エアライン受験にチャレンジしています。

ですが、どうしても日々のモチベーションを保つことが難しく、諦めてしまいそうになります。どのようにしてモチベーションを保っていけば良いでしょうか。

A.憧れの場所、「空港」で自分らしさを取り戻し、同じ目標を持った仲間を持とう

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ユカさんユカさん

大学卒業後、客室乗務員として国内大手航空会社へ就職。人材サービス会社の事務職を経て、現在はフリーランスのライターとして活躍中。

詳しいプロフィールはこちら

エアライン受験は内定をいただくまで長くつらい道のりです。特にエアラインスクール生にとっては、一緒に頑張る仲間がいる反面、周りの受験結果に一喜一憂することも。

私の場合、モチベーションを保つためにしていたことは2つ。空港に行って飛行機や客室乗務員を見ることと、スクールの友人とひたすら面接練習をすることでした。

空港は駅と同じく多くの人が行き交う場所ですが、みんなどこかウキウキワクワクした空気をまとっています。非日常空間への入り口というのでしょうか。そのためどんなに落ち込んでいても、空港にいって飛行機や働いている人を見ているだけで、気分も上がってくる気がしていました。

エアライン業界への就職を目指す人にとって憧れの場所という思いも強かったせいかもしれませんが、働いている人はみんな輝いて見えるから不思議ですよね。

心を落ち着かせたら、友人との面接練習に励みました。同じ目的をもった仲間と過ごす時間ほど、大切で貴重なものはないと思います。元々意識の高い人の集まりですから、参加することで一度下がってしまったモチベーションを引き上げてもらう効果も期待できます。

またエアライン受験だけでなく就職活動全般に言えることですが、企業研究と同様に自己研究を重ね、どれだけ客観的に自分自身を見られるかが合格への近道です。その意味で、スクールに通う友人との情報交換や第三者目線で指摘し合うことは非常に重要ですよね。

受験中の不安やプレッシャーは誰もが経験することです。ましてや長い期間モチベーションを維持し続けるのは大変なことだと思います。上手く周りを利用して、自分らしさを忘れず受験に望んでくださいね。

A.たくさんの友人にエアライン業界を目指していることを話し、自分に暗示をかけていました。

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ca4涼子さん

国内系大手航空会社の国際線客室乗務員として10年以上勤務し、世界中をフライトで飛び回る。世界の大都市・グルメ・音楽・カルチャーに関心を持ち、結婚に伴いヨーロッパでの海外生活を始める。翻訳・通訳歴も数年あり、英語・ドイツ語はビジネスレベル。

詳しいプロフィールはこちら

大学4年の時に、私はエアライン受験でCA3社、グランドスタッフ1社と応募しましたが、とにかく気力を使う一年だったと思います。地方に住んでいましたので、面接の度に東京まで新幹線で向かい、宿泊先でも延々と面接対策のファイルを読み返して暗記したりと、今思えばこの時期が人生で一番神経を使った一年だったと思います。

モチベーションを保つために私はとにかく多くの友人に、航空業界を目指しているという話をしていました。客室乗務員を目指していることや自分の夢など。心のどこかでは実際CA受験に受かるわけないとネガティブに考えてしまう自分もいましたので、人に言うことで自分に暗示をかけるというか、自分の夢を話しているうちに無意識にもうCAになって空を飛んでいる自分を見ていたと思います。

受験に落ちたら恥ずかしいと思い、人に言わずに活動するより私にはその方法が合っていたと思います。自分にも良い意味でプレッシャーになりますし、逃げないよう後押しにもなっていたのではないでしょうか。

あまりにも強くそう思っていたのか、最後に受けた3社目の採用担当者の方から電話で合格を伝えられた時には、頭の中では「やっぱり自分はCAになる予定だったんだ!思った通り!!」と思いました。その時にはすでに頭の中で自分は東京に住み、空港に通勤して空を飛ぶCA姿をはっきり想像していたくらいですので、今思えばあれば完全に自己暗示だったなと…笑。

また毎日受験の事や就職の事ばかりを考えるのではなく、必ずリセット期間を作りリラックスできるように心がけていました。趣味やスポーツも続けていましたし、友人とたまに旅行へ行ったりと、学生最後の一年を満喫しつつエアライン受験を乗り切りました。

A.雑誌、空港、ドラマにサウンドトラックで原点回帰を!

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ca7彩夏さん

大学を卒業後、国内大手ホテルにて三年間勤務。その後、外資系の航空会社の客室乗務員を二社経験。機内での日英通訳として勤務した経験も持つ。

 

雑誌を読む!

雑誌はもちろん客室乗務員のバイブルである〝エアステージ″です。

これはご存知の方も多いかと思いますが、現役の客室乗務員で成る雑誌です。現役の客室乗務員のフライトや生活を見ることでイメージがわきます。また面接に向けた化粧方法や履歴書の書き方など、エアライン受験にとても役立つ情報をたくさん得ることができます。

それだけではなく、航空会社の最新情報なども掲載されておりとても勉強になります。

また図書館へ行けばバックナンバーも置いてあるのでそちらを参考に企業研究に活かすことも良いのではないでしょうか。

空港に行く!

客室乗務員を志す方の多くは飛行機・空港が好きという方も多いのではないでしょうか。空港はご自宅から遠いかもしれません。ですが、わざわざ行ってでも損はないかと思います。

空港では実際に働いている客室乗務員をみることができます。雑誌でも見れるじゃないか!と思われますが実際に自分の足で、自分の目で見るということ。これは大きなモチベーションアップに繋がります。

実際に働いている客室乗務員を見ることで未来の自分をイメージできます。この未来の自分をイメージできるということは、モチベーションアップだけでなく面接にも役立ちます。自分でイメージできない姿が、面接官にイメージできるはずがありません。また実際のメイク・ネイル・髪型など面接に活かすことができます。机上では知り得なかった情報に出会えるかと思います。

ちなみに私が受験生だったときは空港で暇そうなスタッフに声をかけて話を聞くということまでしました。今考えると、働かれている方になんと失礼なことをしたのだろうと反省します。しかし化粧室の場所を聞くなど業務てきなことなら快く対応してくれます。そういった対応を見ることも良いかもしれません。

ドラマを見る!サウンドトラックを聞く!

これは、すべての人に当てはまるかと言われればいささか不安です。私の場合、ドラマ〝やまとなでしこ″を見て「将来は客室乗務員になろう!」と決めました。もちろん他にも理由はありますよ。

いくら企業研究しても、勉強しても面接に落ちたりこのままで良いのかと悩む日もあります。そんな時は何にも考えず〝原点回帰″していました。ドラマを見て、泣いて笑ってスッキリとした気持ちで再び向き合うことができました。履歴書など書くときは自分の好きなモチベーションアップするドラマのサウンドトラックを聞きつつ書いてました。

果たしてそのおかげで夢が叶ったのか?と言われれば、分かりかねますが…。ぜひ試して頂きたいと思います。

A.ネガティブな気持ちは、ネガティブなことを引き寄せてしまいがちなので・・・

回答をしてくれたキャビンアテンダント

ca6桜子さん

海外の大学へ留学後、旅行やビジネスコミュニケーションの仕事を経験し、日系航空会社の客室乗務員へ。アジア・中東・欧州での生活経験あり。

詳しいプロフィールはこちら

エアライン受験の道のりは長く、なかなか募集が出ない時期があったり、書類選考や面接で何度も失敗するうちに「自分はダメなんじゃないか」「向いていないんじゃないか」と落ち込んで悩むこともあり、「絶対客室乗務員になる!」という高いモチベーションを保ち続けることは、時に難しいこともあります。

ネガティブな気持ちは、ネガティブなことを引き寄せてしまいがちです。自信をなくした時には、家族や仲のいい友達、受験仲間に自分の長所を聞いてみるのもいいかも知れません。一生懸命頑張っている姿を客観的に見ている親しい人たちの言葉をもらうと、前向きな気持ちになることができます。

そして、原点に帰って空港を訪れ、飛び立っていく飛行機や、働いている客室乗務員を見て、どうして客室乗務員になりたいと思ったのかをもう一度考えてみると、もっともっと頑張ろうという気持ちになることができます。「次は私の番!」「あの制服を絶対着る!」「あの飛行機に必ず乗るんだ!」そういう思いが次々と湧いてくるのが空港の不思議なところです。

また、休みの日に飛行機に乗ってみて、時間が許すようなら実際に働いている客室乗務員に声をかけてみるのもいいでしょう。ちょっと勇気がいるかもしれませんが、質問をしたり、話を聞いてみると、確実にモチベーションがアップします。

客室乗務員として実際に働くようになってからも、失敗をしたり、うまくいかず落ち込んだ時は、空港の屋上から飛んでいく飛行機を見ると原点に戻ることができました。空高くに飛んでいく飛行機を見て、「私も絶対あそこで働くんだ!」という気持ちを奮い立たせて頑張りましょう。夢や憧れではなく、「絶対に客室乗務員になる!」という強い気持ちが合格へと導いてくれるはずです。

客室乗務員を目指している方へ

東京・福岡のエアラインスクール「CAコンシェルジュ」より

客室乗務員を目指している方の「夢」を1人でも多く叶えるために、少人数制・密着指導のエアラインスクールが内定まで二人三脚でサポートいたします♪CAの夢を叶えた先輩たちのインタビューやメッセージ、皆様へのアドバイスを掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

内定率100%客室乗務員に一番近い学校 - CAコンシェルジュ 内定実績を詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る