航空業界志望者必見!飛行機を飛ばすために関わっているエアライン業界の職業とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
航空業界志望者必見!飛行機を飛ばすために関わっているエアライン業界の職業とは?

飛行機1機を飛ばすために、どのぐらいの人が関わっているかご存知でしょうか?

航空業界の仕事と言えば、パイロットや客室乗務員などに注目が集まりがちですが、航空業界の職業は多岐に渡っています。飛行機を飛ばすために、どのような人たちが支えているのか、ぜひ知っていただくと、飛行機に乗る際に感じることや見る点が変わってくるのではないでしょうか?

飛行機に乗るとき、何人の人に出会いますか?

皆さんは飛行機に乗るとき、何人の人に出会いますか?チケットの発券や手荷物の預け入れをするカウンター、搭乗時のゲート、飛行機のドアサイドのスタッフ、パイロット、客室乗務員・・・空港で働く人数を考えると、お客様と直接出会う人は多くありません。

少し外に目を向けてみましょう。搭乗時や空港の展望フロアから駐機場を覗いてみると、たくさんの人が働いています。飛行機の間を縫って行き交う車、飛行機に荷物を積み込む人、燃料を入れる人、整備士。到着時に飛行機の誘導をするマーシャラーもいますね。このように飛行機を飛ばすために、専門の知識を持った人々が昼夜休むことなく働いています。

飛行機の周りには人がいっぱい!

飛行機が着陸しました。もちろん操縦するのはパイロットで、機内には客室乗務員がいます。

管制の誘導でスポット付近まで行くと、担当の整備士やスタッフが待っており、地上からも安全を確認します。停止する飛行機をサポートするのはマーシャラーの仕事です。しゃもじのようなものを持っており、機内カメラにもよく映っているので有名ですよね。

飛行機がスポットに到着しエンジンを停止させたら、ワッと人が集まってきます。お客様が降りるためのブリッジや階段を取り付ける人、次便に備えて燃料を補給する人、荷物を降ろす人、客室の清掃をする人やケータリングを積み込む人。特に便と便の時間が短い国内線では、それぞれが無駄な作業をすることなくきっちりと仕事をしています。飛行機の周りに人が一気に集まり、きびきびと作業をする様子は展望フロアから見ていると結構面白いです。

新たに次便のお客様と荷物を積み込んだら、出発です。実は飛行機は後ろに下がれません。トーイングのスタッフがおり、前進できる位置まで車で押しているのです。

着陸してスポットに到着するまでのように、地上でも見守っています。窓側の座席から、出発の飛行機に向かって手を振る様子を見たことがあるでしょうか。日常のこととはいえ、毎回飛行機を送り出すときは特別な瞬間だそうです。地上からも機内が見えるので、機械があれば振り返してあげてくださいね。

目に見えない場所にも関わっている人がいます

ディスパッチャーという職業を聞いたことはありますか?航空会社に勤務し、目的地までのフライトプランを考える人たちのことをいいます。

主な仕事は2つ。1つ目は、その日、その時間の天候やお客様の人数や荷物を含めた飛行機の重量を鑑みて、毎回その便ごとにフライトプランを作成すること。2つ目は、パイロットとの出発前ブリーフィング、フライト中も天候の急変や揺れの予測などを随時共有し、安全運航をサポートすることです。

ディスパッチャーは地上のパイロットとも呼ばれ、実務経験や適性に加え日本では国家資格が必要です。決して表に出ることはありませんが、飛行機が安全に飛ぶにはなくてはならない存在です。

その他にも予約センターのスタッフ、CMやテレビなどの広報や広告、ツアーなどを企画するセールス、飛行機の整備計画やパイロットや客室乗務員の人員計画をする人など広い意味ではもっともっとたくさんの人が関わっています。航空会社に限定しなければ、搭乗前のセキュリティーチェックをする人や管制も欠かせませんね。

航空会社は年中無休。1日に何機の飛行機が飛んでいるか知っていますか?

ANAグループでは約4万人の社員で保有する機体250機を飛ばしています。その便数は、なんと1,000便!これはある金曜日のデータですが、1日24時間で、国内線812便(キャンセル2便)、国際線186便の飛行機が飛んでいます。すごい数だと思いませんか?

これは、皆さんが客室乗務員やグランドスタッフを目指しているのであれば、絶対に覚えておいてほしい数字です。航空会社において、お客様と直接触れ合うことができるのはほんの一握り。ほとんどは裏方と言われる目には見えない職種ばかりです。

パイロットにも言えることですが、航空会社で飛行機に乗っているというだけで、特別な意識を持ってしまう人がいます。日々の運航を支えてくれている人々に感謝し、お客様と接することに幸せと責任感を感じながら仕事をしてほしいと思います。

客室乗務員を目指している方へ

東京・福岡のエアラインスクール「CAコンシェルジュ」より

客室乗務員を目指している方の「夢」を1人でも多く叶えるために、少人数制・密着指導のエアラインスクールが内定まで二人三脚でサポートいたします♪CAの夢を叶えた先輩たちのインタビューやメッセージ、皆様へのアドバイスを掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

内定率100%客室乗務員に一番近い学校 - CAコンシェルジュ 内定実績を詳しく見る

この記事を書いたCA(客室乗務員)は・・・

ユカさんユカさん

大学卒業後、客室乗務員として国内大手航空会社へ就職。人材サービス会社の事務職を経て、現在はフリーランスのライターとして活躍中。

詳しいプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る