世界No.1エアライン「シンガポール航空」のCAとして働く魅力と企業研究

シンガポール航空は、世界の航空会社の中でも常にトップを保ち続ける人気の航空会社です。

そんなシンガポール航空の人気を支えているのは、創立当初から変わらない制服「サロンケバヤ」に身を包み質の高い接客を提供する「シンガポールガール」と呼ばれるCAの存在が大きいでしょう。

シンガポール航空のCAとして働く魅力やシンガポール航空のCAになるために必要な能力、シンガポール航空CA採用試験の流れなど、シンガポール航空のCA受験のすべてをまとめました。

シンガポール航空CA受験前に知っておきたいポイント

まずは、応募前に知っておきたいシンガポール航空の基本情報について解説します。

シンガポール航空の基本情報

社名 シンガポール航空
英語表記 Singapore Airlines
設立 1947年
拠点 シンガポール
所属アライアンス スターアライアンス
保有機材数 113機
就航都市数 130都市(グループ会社も含む)
日本への乗り入れ 東京羽田
東京成田
名古屋
大阪関西
福岡
ホームページURL https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/careers/

インスタグラム
https://www.instagram.com/singaporeair/
Facebookページ
https://www.facebook.com/singaporeair
Twitter
https://twitter.com/singaporeair
YouTube
https://www.youtube.com/singaporeair

シンガポール航空とは?

シンガポール航空はシンガポールのチャンギ国際空港を拠点に国際線のみを運航する航空会社です。シンガポール航空のグループ傘下には主に短距離路線を中心に運航しているシルクエアーとLCC(格安航空会社)のスクートがあり、全グループを合わせて世界130都市に就航しています。

シンガポール航空は「最新鋭の翼とやさしいおもてなし」をコンセプトに、思いやりに溢れた丁寧な接客と充実した機内サービスに定評があり、世界で最も受賞歴の多い航空会社としても知られています。

2021年度には「ワールド・ベスト・エアラインキャビンクルー」をはじめ、「ワールド・ベスト・インターナショナルエアライン」「世界で最も賞賛される企業エアライン部門1位」など数多くの賞を受賞しています。また、シンガポール航空は、シンガポールからアメリカ・ニューアークへのノンストップ便を運航しており、この路線は飛行時間が18時間を超える世界最長の路線となっています。

シンガポール航空CAの制服

シンガポール航空CAのおもてなしの特徴でもある優雅な制服はサロンケバヤと呼ばれ、一度は来てみたい憧れの制服として人気を集めています。バティック柄のサロンケバヤに身を包んだシンガポール航空のCAは「シンガポールガール」と呼ばれ、世界のどの都市の空港でも旅行者から注目されて親しまれています。

シンガポール航空CAの制服サロンケバヤは、創立当初から変わらずアジア独特の伝統染織であるバティック染めの布を使用しており、CAひとりひとりに合うように丁寧に採寸されて縫製されています。このサロンケバヤは職位によって異なる4色で構成されており、シンガポール航空CAと聞いて誰もが思い浮かべる代表的な青色は「フライトスチュワーデス」が、緑色は「リーディングスチュワーデス」が、赤色は「チーフスチュワーデス」が、紫色は「インフライトマネージャー」が着用しています。

ちなみにサロンケバヤのバティック柄には、ホワイト・コプシア、シーショア・パースレーン、アクアティック・ジンジャーなど、シンガポールの10の花が用いられています。

シンガポール航空のCAとして働く3つの魅力

次に、シンガポール航空のCAとして働く魅力を3つご紹介します。

  • 1:世界に通ずる一流の経験
  • 2:働きやすい環境
  • 3:国際都市シンガポールに住める

1:世界に通ずる一流の経験

シンガポール航空のCAとして働く魅力1つ目は、世界に通ずる一流の航空会社での経験を得られることです。

世界の航空会社の中でも常にトップの人気を誇るシンガポール航空は、世界の有名企業が名を連ねる「世界で最も賞賛される企業ランキング」においてエアライン部門1位を獲得しています。また、シンガポール航空は従業員ブランドの魅力が高いことでも有名で、シンガポールの「最も働きたい企業ランキング」に3年連続でランクインしています。

高い倍率の厳しい選考を勝ち抜いた優秀な人材が集まり、圧倒的な従業員ブランド力を誇るシンガポール航空でのシンガポールガールとしての経験は、その後の人生においてもプラスになること間違いありません。

2:働きやすい環境

シンガポール航空のCAとして働く魅力2つ目は、働きやすい環境が整っていることです。シンガポール航空のCAは、約8割がシンガポールまたはマレーシア出身者、約2割が他のアジア諸国出身者で構成されており、日本人CAもこの2割に属しています。

シンガポール航空には150名以上の日本人CAが所属し、主にシンガポール〜日本路線及び日本からの延伸路線である日本〜北米間の路線に乗務しています。

アジア諸国出身のCA同士がお互いの文化背景を尊重しながら働ける環境が整っていること、ほぼ固定された路線に安定的に乗務ができ定期的に乗務で日本に行けることなど、その働きやすさもシンガポール航空CAの魅力のひとつとなっています。

3:国際都市シンガポールに住める

シンガポール航空のCAとして働く魅力3つ目は、国際都市シンガポールに住めることです。

シンガポールは世界でも治安が良いことで知られ、夜間女性がひとりで出歩いても安全な国のひとつです。シンガポールは国土が小さいことでも有名ですが、公共交通機関が発達して環境や人にやさしい社会が実現されています。

また、シンガポールは、多民族が暮らし異なる文化や宗教を尊重する国でもあります。共通語が英語で、外国人でも尊重され暮らしやすいことが特徴で、シンガポール航空で働くCAも皆シンガポールでの暮らしを楽しんでいます。

シンガポール航空CAの内定を勝ち取るために必要な能力

次に、シンガポール航空CAの内定を勝ち取るために必要な能力について4つご紹介します。

  • 1:丁寧で正しい日本語力
  • 2:世界に通じる堪能な英会話力
  • 3:世界一の接客力
  • 4:保安要員としての使命

1:丁寧で正しい日本語力

シンガポール航空CAの内定を勝ち取るために必要な能力1つ目は、丁寧で正しい日本語力です。

シンガポール航空の日本人CAは主にシンガポール〜日本路線など日本人の乗客が多く搭乗する路線に乗務します。シンガポール航空の日本人CAの最も重要な役割は日本人乗客のケアです。日本語のアナウンスや入国書類記入のお手伝いなども行いますので、日本人らしい丁寧で正しい日本語力は必須です。

2:世界に通じる堪能な英会話力

シンガポール航空CAの内定を勝ち取るために必要な能力2つ目は、世界に通じる堪能な英会話力です。

シンガポール航空CAの応募条件のひとつに「英語が堪能で英語でのコミュニケーションに支障がないこと」があります。

シンガポール航空はさまざまな国籍のCAと乗務を共にし、世界各国の乗客にサービスを行います。そのためシンガポール航空ではTOEICのスコアよりも英語で会話できる英会話力を重要視しています。

3:世界一の接客力

シンガポール航空CAの内定を勝ち取るために必要な能力3つ目は、世界一の接客力です。シンガポール航空は思いやりのある質の高い接客で有名ですが、その基本には相手の立場になって物事を考えるという接客力があります。

特に日本人CAはお客様からのご要望を事前に汲み取るという想像力に長けており、この日本人らしいおもてなしの精神はシンガポール航空の世界一の接客力にとっても欠かせない存在となっています。

4:保安要員としての使命

シンガポール航空だけではなくすべての航空会社のCAには保安要員という重要な役割があります。

CAは緊急時、乗客がパニックに陥らないよう的確な指示を行い乗客の安全を確保する必要があります。さまざまな国籍の異なる文化背景の乗客が利用するシンガポール航空では、より的確で明確な指示を与えられる保安要員としての使命をしっかりと果たせる能力が必要です。

シンガポール航空CAの応募条件

シンガポール航空のCA採用試験は倍率が高いことでも有名です。

採用選考を行なっている国と地域は、シンガポール、マレーシア、台湾、韓国、日本の5カ国で、外資系航空会社としては珍しく毎年定期的にCAの採用選考を行なっています。

応募条件を満たしていればどの選考にも応募することができます。また、シンガポール航空CAの採用選考には新卒・既卒ともに応募可能で、何度でもチャレンジできるのもシンガポール航空CA採用選考の特徴です。

応募要項や応募の流れはシンガポール航空のキャリアページに英語で掲載されています。応募条件は18歳以上で四年制大学を卒業していること、英語が堪能であること、女性は身長158cm以上など、他の航空会社の応募要件より厳しいものとなっています。

シンガポール航空CAの主な応募条件は以下の通りです。

  • Minimum age of 18 years old due to legislative requirements
  • Pleasant personality and service-oriented
  • Fluent in English with good communication skills
  • Minimum height requirement of at least 1.58m for females and 1.65m for males in order to carry out safety and emergency procedures onboard
  • Minimum qualification of 5 GCE ‘O’ Level credits (including English) or Higher Nitec and above
  • Former SIA Cabin Crew are welcome to apply

シンガポール航空CAの採用選考

シンガポール航空では年間600~900人のCAを採用していますが、選考平均で1万8,000人が応募します。倍率が高く、採用選考の流れも他社より多くのステップを踏むことから、厳しい選考として知られています。

シンガポール航空CAの採用選考の流れ

ここからはシンガポール航空CAの採用選考の流れを順にご紹介します。

STEP.1
書類選考
STEP.2
一次選考
STEP.3
二次選考
STEP.4
最終選考

書類選考

エントリー方法に従い、アプリケーション・フォームを提出します。書類選考は高倍率のため、応募書類は丁寧で完璧なものを目指しましょう。

応募写真の段階でもサロンケバヤが似合うかどうか、会社のイメージに合っているかなどをしっかりと確認されます。応募写真は写真館で撮影するようにしましょう。また、記入漏れがないように送付の前に必ず確認しましょう。

書類選考に合格した人のみ次の選考への案内が届きます。

一次選考

シンガポール航空CAの一次選考では近年ビデオインタビューという新しい形式の選考が行われています。ビデオインタビューは専用のアプリを使って行われ、表示される質問に対して自分の考えを述べてそれを録画するというものです。

この選考では第一印象と語学力が重要になります。質問は全部で3問あり英語で画面上に表示されます。その後、志望動機を入力する時間が別に与えられます。また、ビデオインタビューは取り直しができませんので、自信を持って笑顔で、相手に伝わりやすい回答をするようにしましょう。

二次選考

シンガポール航空CAの二次選考は筆記試験及びグループインタビューが行われます。

グループインタビューは英語で行われ面接形式とディベート形式の2つの面接があります。

面接形式では身近な話題の質問のほか、機内での接客のロールプレイを求められることもあります。また、ディベート形式では与えられた議題について肯定派か否定派に分かれて議論します。相手を否定することなく自分の意見を言えるようにすることが大切です。

最終選考

シンガポール航空CAの最終選考は個人面接が行われます。

面接官からは「なぜシンガポール航空のCAになりたいのか」などの一般的な質問からこれまでの経験などについて掘り下げた質問をされます。また、この最終選考では実際にサロンケバヤを着用し、サロンケバヤを着こなせるかどうかのチェックが行われます。同時に肌にタトゥや目立った傷跡がないこと、肌の状態が美しいことなどもチェックされます。

シンガポール航空は採用前にユニフォームチェックを行っている数少ない航空会社です。サロンケバヤは首元が大きく開いた体にぴったりとフィットしたシルエットで、誰もが簡単に着こなせるわけではありません。健康的な体型であることだけでなく、シンガポールガールとしてのイメージに合っていることなどがシンガポール航空CAの絶対的な条件と言えるでしょう。

シンガポール航空CAの魅力と企業研究まとめ

シンガポール航空は、競争の激しいエアライン業界で常に乗客から選ばれ、賞賛され続けています。その機内でサロンケバヤに身を包み、思いやりに溢れた丁寧な接客で評価され続けるシンガポールガールへの夢を実現するためには、厳しい選考に勝ち進むための面接練習や英語力を伸ばす努力が欠かせません。

そのためには、エアラインスクールや英会話スクールでプロのアドバイスを受けることも選択肢のひとつです。シンガポール航空への内定者を輩出しているエアラインスクールで自分の可能性と強みを引き出して、内定を目指しましょう。

※エアラインスクールCAコンシェルジュには、過去にシンガポール航空に内定して現在も現役で活躍しているスクール卒業生がいます。内定時のインタビューを受験の参考にご覧ください

参考 全日空(ANA) シンガポール航空 ソラシドエア 客室乗務員 内定インタビューエアラインスクールCAコンシェルジュ

この記事を書いたエアライン講師

元JAL CA エアライン講師 乾元JAL CA エアライン講師:CAコンシェルジュ校長 乾

東京の女子大を卒業後、JALの客室乗務員として国際線・国内線ともにフライトを行い、機内販売推進担当、安全推進担当リーダーとして幅広く活躍。
CAを目指す方と女性としてより輝きたい方の応援をするため、エアラインスクールCAコンシェルジュを設立。

【JAL】CA&GS 一次選考質問集を無料プレゼントしています♪

JAL(日本航空)のCA&グランドスタッフ一次選考質問集(最新版)をLINE登録者に無料プレゼント!

LINE登録でJAL CA&グランドスタッフ 一次選考質問集を無料プレゼント

↑こちらをクリックしてLINE登録後、「JAL面接質問集」をお送りさせていただきます♪