CA流 保湿を意識した機内での美容対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
CA流 保湿を意識した機内での美容対策

「思い切ってメイクオフ!CAのこっそり保湿テク。内側からの水分補給も忘れずに!」

私が長時間のフライトに乗る場合には大抵化粧はしません。ノーメイクの肌の上から直接保湿するのが一番効果的だからです。

でも現役時代にCAとして乗務する場合には化粧はもちろん必須でしたし、お客様の中にも到着後すぐにビジネスミーティングがあったり、ツアーコンダクターのように機内でも仕事中であったり、または上司と出張する場合など、化粧を落とせない方も多いと思います。

そんな時におすすめの私流テクニックをお伝えします。

アイメイク以外をごっそりメイクオフして保湿します。

CAは免税店や海外コスメの最新情報に敏感で先輩や同期からの口コミもとにかく早い世界。当時私も化粧の上からスプレーできる有名ブランドのミストなど色々と試しましたが結局毛穴を埋めて肌を覆うコンシーラーやファンデーションの上からではなかなか保湿を実感できませんでした。

逆にミストが蒸発する時ファンデごと肌が乾燥して口周りが引っ張られるような感じになることもあり、結局行き着いたのがファンデーションを落としてしまうという発想。

このやっかいなファンデーション、CA経験者なら誰もが経験者済みだと思いますが、10時間以上機内の乾燥にさらされて到着する頃には汗や脂をしっかり吸った上に乾燥しきってガビガビに!さらに開き切った毛穴の中に詰まっていたりと、到着前は鏡を見るのも恐ろしい事になっていたりするものです。

この分厚い壁であるファンデーションさえ落としてしまえば化粧水や保湿クリームは直接肌に吸収されますし常に潤いを保った状態を維持できます。

私がこっそりやっていたのは、最初のミールサービスが終わるタイミングで機内の明かりが少し暗くなりますので、その時に拭き取り化粧水などでアイメイク以外を一気に落としてしまうのです。ただのメイク落としではなく保湿系の拭き取り化粧水を使えばメイクオフ後もしっとりしますし洗い流す面倒もありません。個人的にはいつもBIODERMAのSansibio H2Oを愛用していました。

メイクを落としたらさらに美容液やクリームでたっぷり潤いを与えます。私はこれら保湿用グッズを化粧ポーチに入れて持ち歩き、乗務中に繰り返し塗っていました。

アイメイク以外全部メイクオフする事に抵抗がある方もいるかもしれませんが、機内は思いの外暗いので眉とアイメイクさえ残していれば実はしっかりフルメイクしているように見えるんです。もちろん到着前の2食目サービス時には再度パウダーとチークで軽くメイクを直していましたが、肌の潤いはしっかりキープされているので到着後も潤ったまま。

肌の保湿は内側からも忘れずに。ペットボトルは常に手元に置いておきましょう。

水を飲んで身体の内側から水分補給することも大切です。毎回プラカップで水分補給するのは面倒だし座席周りにゴミが増えますよね。

フライト中ギャレーに用意してあるドリンクコーナーで持参のペットボトルに自由に水を移し替えられますので500mlサイズのペットボトルはあらかじめ機内持込みするのがおすすめです。

100ミリを超える液体物はX線検査場で廃棄しなければなりませんが、空の状態でX線を通過するか出発ロビーで購入すればOK。乗務中私は常に1.5リットルは必ず飲んでいました。

ポータブル加湿器やミストなど最新美容グッズでさらに加湿。

CAの中には休憩中にベッドの枕横に置けるポータブルの小さな加湿器を持ち歩く人もいました。電池式や、水を含ませて置いておくだけのものも売っていますし、乾燥する海外のホテルでも使えますよね。

ただ、カーテンで仕切れるクルーバンク(各ベッドがカーテンで個室が仕切れるCAの休憩施設)なら効果はあるかもしれませんが、正直砂漠並みと言われるほど乾燥した広い機内で使った場合、どこまで加湿効果があるのか分かりませんが…。

実際お客様で携帯用ミストをテーブルに置き、顔に当てて使用されている方も結構いらっしゃいました。いろいろな新製品が販売されていますので一度美容家電コーナーをチェックしてみるのもいいかもしれません。

飛行する機材をチェックしてフライトを選ぶのもひとつの手。

最新機材のボーイング787は加湿機能がかなり向上しています。機内の湿度が他の機材が5~10%くらいだったのに対して約25%にまで改善されました。

私も787乗務の時は毎フライトたっぷり使っていたハンドクリームがほとんど必要なかったくらい湿度の違いを感じましたので、もしフライトを選べるなら飛行機が787の便を選ぶのもひとつの手ではないでしょうか。

客室乗務員を目指している方へ

東京・福岡のエアラインスクール「CAコンシェルジュ」より

客室乗務員を目指している方の「夢」を1人でも多く叶えるために、少人数制・密着指導のエアラインスクールが内定まで二人三脚でサポートいたします♪CAの夢を叶えた先輩たちのインタビューやメッセージ、皆様へのアドバイスを掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

内定率100%客室乗務員に一番近い学校 - CAコンシェルジュ 内定実績を詳しく見る

この記事を書いたCA(客室乗務員)は・・・

ca4涼子さん

国内系大手航空会社の国際線客室乗務員として10年以上勤務し、世界中をフライトで飛び回る。世界の大都市・グルメ・音楽・カルチャーに関心を持ち、結婚に伴いヨーロッパでの海外生活を始める。翻訳・通訳歴も数年あり、英語・ドイツ語はビジネスレベル。

詳しいプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る