CA内定に必要な英語力は「TOEIC600点」?国内&外資系航空会社で求められる基準を詳しく解説

CAは世界各国に就航するフライトに乗務してさまざまな国籍のお客様と触れ合うという仕事柄、一定の英語力が求められます。

CAを目指している人、将来CAになりたいと興味を持っている方の中には、「英語が苦手」「どのくらいの英語力を目安に学習したらいいのかわからない」という方もいると思います。

そこで今回は、CA内定に必要な英語力、国内&外資系航空会社で求められる英語力の基準と英語力を身につけるためのおすすめの方法についてご紹介します。

この記事を書いたエアライン講師

元JAL CA エアライン講師 乾元JAL CA エアライン講師:CAコンシェルジュ校長 乾

東京の女子大を卒業後、JALの客室乗務員として国際線・国内線ともにフライトを行い、機内販売推進担当、安全推進担当リーダーとして幅広く活躍。
CAを目指す方と女性としてより輝きたい方の応援をするため、エアラインスクールCAコンシェルジュを設立。

1.CAに必要な英語力は、TOEIC600点

CAに必要な英語力は、TOEIC600点

CAの採用条件のひとつとして多くの航空会社で挙げられている英語力はTOEIC600点程度、英検では2級相当程度です。これはTOEIC受験者の平均点とされる580点よりやや上のレベルとなっています。また、採用試験から訓練、クルー同士のコミュニケーションをすべて英語で行う外資系航空会社の場合には、これよりさらに高い英語力が求められることとなります。

CAの採用試験は英語力のみで判断されるわけではありませんが、エントリーシートなどの書類審査において英語力の基準を満たしているか必ずチェックされる項目です。そのため、TOEIC600点はCAの採用試験を受けるにあたって最低限必要な英語力の目安として考えておいたほうが良いでしょう。

※参考)TOEIC公開テスト 平均スコア
https://www.iibc-global.org/toeic/official_data/lr/data_avelist.html

1-1 国内航空会社の場合

JALやANAなど国際線に就航している国内航空会社のCAに必要な英語力の基準は、TOEIC600点程度です。応募要項に記載されているだけでなく、CAの採用試験の時には英語力証明書の提出や英語力テストが行われることも多いため、CA受験に向けて英語力を伸ばしたい人はこの基準を目標にすると良いでしょう。

また、AIR DO(エアドゥ)やアイベックスエアラインズ(IBEX)など地方密着型のエアラインの受験に必要な英語力はTOEIC550点程度と少し低めの基準で設定されています。大学生のTOEIC平均スコアは567点となっておりますので、CA採用試験(エアライン就活)時に飛び抜けて高い英語力が求められているというわけではありませんので安心してください。

国内・外資系航空会社の採用試験で求められる英語力

1-2 外資系航空会社の場合

採用試験から訓練、クルー同士のコミュニケーションもすべて英語で行う必要がある外資系航空会社の場合はさらに高い英語力が求められます。

例えば、外資系航空会社の中でも特に高い英語力が求められているシンガポールエアラインではTOEIC800点程度、チャイナエアラインや大韓航空、ベトナム航空などアジア系の航空会社の場合には少し低めの基準でTOEIC650点程度となっています。

中東や欧州を拠点とする外資系航空会社の中には、TOEICのスコアを基準とせず英語が堪能であることや英語でのコミュニケーションに支障がないことを基準としている場合もありますので、これらの外資系航空会社のCAを目指す場合には高い英語力が必要となることを覚えておきましょう。

2. TOEIC以外にCAの採用試験で求められる英語力

CAの採用試験で求められるTOEICのスコアはエントリーシートへの記載が必要なほか英語力証明書の提出が必要な場合もあります。また、CAの採用試験では英語力のテストが課されたり、英語での面接を行ったりする場合もあり、TOEICのスコア以外にも求められている英語力があります。

2-1 国内航空会社でも英語面接がある

国内航空会社でも英語面接がある

JALやANAなど国内航空会社の採用試験では、TOEICスコアをエントリーシートに記載し英語力証明書の提出が必要なほか、英語力のテストや英語(英会話)面接を行うケースが増えています。

これは将来的に国際線に乗務する可能性があることやTOEICのスコアだけでは見えない英語でのコミュニケーション能力を測るためです。TOEICのスコアが応募基準を満たしていて英語力証明書の提出ができる場合には英語のテストが免除になる場合もありますが、その場合でも採用試験が進むと英語面接には参加しなければなりません。

国内航空会社の英語面接は高校卒業レベル程度の英語力があれば問題ない場合がほとんどですが、慣れない環境で緊張してしまい実力が発揮できなかったという声もありますので通常の面接対策に加えて英会話面接の対策を行っておくと良いでしょう。

2-2 外資系航空会社では英語のエントリーシートと英語による採用試験あり

外資系航空会社ではエントリーシートの作成、履歴書、カバーレターなどすべて英語で作成する必要があります。日本語でのエントリーシート作成とは異なり作成する内容も各航空会社によってさまざまですので、臨機応変に対応できるレベルの英語力が必要になります。

また、外資系航空会社では採用試験の連絡や面接試験など基本的にすべて英語でやりとりを行います。多くの応募者があり競争率の高い外資系航空会社のCA採用試験では少しの英語力の差で合否が決まってしまうことも少なくありません。乗務中に英語で円滑なコミュニケーションが取れる程度の英語力を磨くようにしましょう。

2-3 バランスのよい英語力

英語力には、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能があります。一般的にTOEICのスコアでは、リーディングやリスニングの能力が主に測られているとされています。そのため、TOEICのスコアを伸ばしたい人は、リーディングとリスニングに重点をおいて学習するようにしましょう。

英語力にはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能がある

外資系航空会社のCAを目指す場合にはさらにバランスのよい英語力が必要です。英語でのコミュニケーション能力を身につけるためにも苦手な技能の向上を目指すようにしましょう。

3  CAとして働く際に求められる英語力

CAの採用試験では基準となる英語力を満たしていれば問題はありません。しかし、CAとして働く際にはTOEICのスコアよりも英語での会話力が必要になってきます。外国人のお客様や国籍の異なるクルーと乗務することもあるため、しっかりとコミュニケーションを取れる会話力が求められます。

3-1 国際線で特に英語力が必要

CAは国際線で働く際に特に英語力が必要

CAとして働く際、特に英語力が求められるのが国際線の乗務です。JALやANAなど国内航空会社では国際線の乗務を行う際に基本的な接遇英語の訓練があります。そのため、英語でのコミュニケーションが苦手という人であっても乗務に必要な接遇英語を身につけることができます。

3-2 外国人CAとのコミュニケーションで英語が必要

外資系航空会社では国籍の異なる外国人クルーと乗務を共にするため、乗務に必要な連絡や乗客についての情報などすべてにおいて英語でコミュニケーションが必要になります。また、乗務するクルーは全て母国語が英語というわけではありません。アクセントや訛りなどそれぞれに特徴がありますので、どのような英語でも対応できるよう高い英語力が求められます。

JALやANAなど国内航空会社でも国際線ではベースの異なる外国人クルーと乗務することがあり、乗務で必要な内容のコミュニケーションが取れる程度の英会話力が必要となっています。

3-3 国内線でも外国人対応で英語ができた方がプラス

CAは国内線でも外国人対応で英語ができた方がプラス

国内線では国際線乗務時ほど英語力は必要になりませんが、近年の訪日外国人観光客の増加にともない、外国人のお客様が多数搭乗する場合があります。そのため、国内線運航のみを行っている地域密着型エアラインのCAを目指す場合でも外国人対応において最低限乗務で必要な英語力を兼ね備えていれば採用試験でもアピールすることができるためプラスになります。

3-4 入社後に求められる英語力はTOEICよりスピーキング力

CAの採用試験では主に採用基準とされているTOEICのスコアが求められますが、入社後はTOEICのスコアだけではなく実用性のあるスピーキング力(会話力)が求められます。

特に国際線に乗務するようになるとさまざまなシーンで応用できる英語の会話力はCAとして働く上で不可欠です。例えば、緊急時の説明や出入国書類の記入など分かりやすく正確な英語力が必要になります。そのため、日頃からスピーキング力を高めるような学習を行うようにしましょう。

3-5 ビジネス英会話より接客英会話

CAが乗務で使用する英語は主に接客英会話です。英語が堪能というとビジネス英会話を思い浮かべる人も多いと思いますが、CAに必要な英会話は観光や接客業など独自の言い回しやおもてなしに特化した英会話力です。簡潔でも伝わりやすく丁寧な言葉遣いなど接客やおもてなしに特化した英会話力を磨くとCAとしての力がさらに高まります。

客室乗務員は、ビジネス英会話より接客英会話

4 CAに必要な英語力を身につけるためのおすすめの方法

CAに必要な英語力を身につけるためには実際の活用シーンをイメージした学習方法がおすすめです。特に、採用試験を突破するためのTOEICスコアアップに力を入れた勉強、より円滑な英語でのコミュニケーション力を高めるための海外留学、接客やおもてなし英語を学べる国際ボランティアなどがおすすめです。

4-1 TOEICの勉強方法

CAに必要な英語力を身につけるための勉強方法

多くの航空会社ではCAの英語力を測るためにTOEICのスコアを採用の基準としています。そのため、目標となるスコアを確実に取得するTOEICの勉強方法が必要になります。

TOEICの試験では対策を行うことで高得点の取得も可能です。そのため、CAの採用試験までに計画的に何度か受験し傾向と対策をつかむようにしましょう。CA受験のためのTOEICの勉強方法は「TOEICの勉強方法」の記事でも詳しく解説いたします。

4-2 海外留学

海外留学でCAに必要な英語力を身につける

CAとして乗務をするようになるとさまざまな応用英会話が必要になります。リスニング力やスピーキング力を磨き、生きた英会話力を身につけるためには英語づけになるのもひとつの方法です。

海外留学では短期、長期、インターンシップと自分に合った方法を選ぶことができます。留学費用が心配という方には、留学費用が手頃で参加しやすいフィリピン留学なども近年人気を集めています。また、CAやグランドスタッフを目指す方を対象とした学校のエアライン学科に留学し、エアラインの基礎を英語で学ぶのもおすすめです。海外留学については「留学」の記事で詳しく紹介いたします。

4-3 国際ボランティア

国際ボランティアでCAに必要な英語力を身につける

人と触れ合い、人の役に立ちながら生きた英語力を身につけたいという方には国際ボランティアがおすすめです。

最近では日本の在留外国人を対象にした国際ボランティア活動も多く開催されており、海外留学をする時間や費用がないという人や、身近な環境で英語に触れ合いたいという人にはぴったりの方法となっています。また、ボランティア活動はエントリーシートに記載する際の自己PRにもなりますのでぜひ参加をおすすめします。

5 CAに求められるのは英語力だけではない

CAに求められるのは英語力だけではない

CAの採用試験を突破してCAとして活躍するために英語力は必要ですが、実は航空会社が重要視しているのは英語力だけではありません。現役CAとして活躍している方の中には、高い英語力を持っている方もいます。しかし、採用基準ギリギリの英語力でも活躍しているCAはたくさんいます。

航空会社がCAに求めるのは英語力も含めたその方の人柄、人間力です。乗客の希望を汲み取ることができる「察する力」や、いざというときに進んで行動できる「行動力」、誰とでも臆することなく接することができる「コミュニケーション能力」など、CAとして活躍している人には豊かな人間力が備わっています。

5-1 コミュニケーション能力

ひとつのフライトを運航するためには異なる部署のスタッフが関わっています。フライトでは、CAだけでなく、パイロット、グランドスタッフ、ハンドリングなど異なる部署や職種のさまざまなスタッフとの連携が必要になります。

また、CAはフライトごとに異なるクルーと乗務を共にします。チーフパーサーをはじめ、先輩CAや後輩CA、指導教官など多い会社では数千人という単位のCAが勤務しています。誰と乗務を共にしてもチームワークが取れ、同じパフォーマンスが発揮できるようなコミュニケーション能力はCAに不可欠です。

5-2 おもてなし

CAには、おもてなし・接遇も求められる

CAにはお客様が機内で快適な時間を過ごせるようなおもてなし力が求められます。限られた空間で多くのお客様が長時間を過ごす機内において、それぞれの要望を汲み取り満足していただきたいというホスピタリティ精神やおもてなし力は重要です。また、ファーストクラスやVIPのお客様の担当など、さらに高いおもてなし力が求められることもあります。

5-3 行動力

CAとして活躍するには行動力も大切です。コミュニケーション能力やおもてなし力、これらは全て行動力が伴います。緊急時などいざという時でも臆することなく行動できる行動力はCAとして活躍する上で欠かせません。CA採用試験においても行動力があるか否か、エントリーシートの自己PRや面接試験でもしっかりと見られています。

6 CAに必要な英語力のまとめ

国内航空会社のCAの採用試験ではTOEIC600程度の英語力が必要です。外資系航空会社のCAを目指す場合にはさらに高い基準の英語力が必要になります。

また、入社後にCAに求められるのは英語での会話力です。将来CAを目指したいけれど英語が苦手な方、より高い英語力を身につけたい方はTOEICを定期的に受験するなどして英語力向上を目指しましょう。短期間で英語力を磨きたい人は海外留学や国際ボランティアもおすすめです。CAの採用試験で基準となる英語力を身につけておくためにも計画的に学生生活を過ごしましょう。

エアラインスクールCAコンシェルジュでは英語サポートあり

CAコンシェルジュでは、TOEIC専任講師によるTOEIC講座も提供し、CAになるために必要な英語力の向上もサポートさせていただいております。

スクール生は、一般的な英語・TOEICスクールよりも割安に受講することができ、実際にTOEICのスコアをアップさせた受講生が多数おります。

CAコンシェルジュのTOEIC講座について詳しくはこちらをご覧ください

https://ca-concierge.net/english

この記事を書いたエアライン講師

元JAL CA エアライン講師 乾元JAL CA エアライン講師:CAコンシェルジュ校長 乾

東京の女子大を卒業後、JALの客室乗務員として国際線・国内線ともにフライトを行い、機内販売推進担当、安全推進担当リーダーとして幅広く活躍。
CAを目指す方と女性としてより輝きたい方の応援をするため、エアラインスクールCAコンシェルジュを設立。

【JAL】CA&GS 一次選考質問集を無料プレゼント♪

JAL(日本航空)のCA&グランドスタッフ一次選考質問集(最新版)をLINE登録者に無料プレゼント!

LINE登録でJAL CA&グランドスタッフ 一次選考質問集を無料プレゼント

↑こちらをクリックしてLINE登録後、「JAL面接質問集」をお送りさせていただきます♪